しゅみがぼっちでぼっちがしゅみで

「趣味=ぼっちでもできること」といっても過言ではない。完全なぼっちになりきれない、ややぼっちな僕がだいたいお一人様でできる趣味や出来事について書いていくブログ。そして、見てくれた人のお役に立てたらいいのになぁ。と、ひっそりと野望を添えて綴るブログ。

【スポンサーリンク】

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換のおはなし

どもども。

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換をしました。

注意!
ビクトリノックス・ジャパンのサイトに下記の様に「電池交換は、ご自分で行わないでください」とあります。
もし、自分で交換する際は自己責任でお願いします。

↓ビクトリノックス・ジャパンのサイトより転載
f:id:yuyacaravan:20181112101325p:plain

故に、本記事はこういう方におすすめ

・ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換を自分でしてみたい。

・電池交換をビクトリノックス・ショップか正規代理店、または認定サービスセンターに依頼するのがめんどくさい。

・どんな構造か自分の目で確かめたい。

・電池交換にいくらお金がかかるかわからんから、自分でやりたい。

ワタクシのビクトリノックス・ナイトビジョンはこんな感じ。
ブラックアイスな感じがかっこよくて中古で購入いたしました。

f:id:yuyacaravan:20181105092739j:plain

フェイスはこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093309j:plain

裏蓋はこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093319j:plain

ナイトビジョンはフラッシュライトを内蔵しており、夜道や鍵穴を探すのにライト機能が活躍したものです。

時計の電池切れが近くなると、秒針が4秒止まって、止まった分ジャンプして進む挙動になります。ザ・ワールドッッ!

使用した道具は

amazonで買った時計用の工具

一応張り付けておきますね

時計工具セットの外観はこんな感じ

f:id:yuyacaravan:20181105093509j:plain

中はこんな感じ

針押さえは別途購入しました。

f:id:yuyacaravan:20181105093516j:plain

この工具を使って裏蓋を開けます。
3箇所の爪が裏蓋の凹に引っ掛かり開けることができます。

f:id:yuyacaravan:20181105093557j:plain

裏蓋にマスキングテープを張り、なるべく傷がつかないようにしました。
f:id:yuyacaravan:20181105093707j:plain
裏蓋を開けるとこんな感じ。
この電池はライト関係の電池でした。両側のネジを外せば交換できます。
f:id:yuyacaravan:20181105093811j:plain

さらに、これを下から持ち上げるとこんな感じ。(上はバックライトの配線がつながってました)
f:id:yuyacaravan:20181105093857j:plain
ビクトリノックスナイトビジョンは時計用の電池とライト関係の電池2つ搭載されています。

ライト関係の電池切れ警告は、6時位置のビーコンが10秒間に3回点滅するようです。
今回はライトの電池切れの警告はありませんでしたが、交換しました。

使用電池は
時計部がSR920SW、
f:id:yuyacaravan:20181105094400j:plain

ライト部がCR2032でした。
f:id:yuyacaravan:20181105094434j:plain

電池交換ですが
f:id:yuyacaravan:20181105094814p:plain

赤〇の位置に固定の爪があります。

f:id:yuyacaravan:20181105094946p:plain
反対側にも赤〇で囲んだあたりに爪がありますが、若干動来ます。
また、小さな穴が開いており、私はそこにピンセットをひっかけて広げて電池を外しました。
電池の装着は結構難しかったです(-_-;)

ワタクシが不器用なため5分程かかったように思います。

今回はパッキンは交換しませんでした。2回に1回ペースで交換できたらいいなと思います。

肝心の動作確認ですが、ワタクシは正常に動作いたしました!('◇')ゞ