しゅみがぼっちでぼっちがしゅみで

「趣味=ぼっちでもできること」といっても過言ではない。完全なぼっちになりきれない、ややぼっちな僕がだいたいお一人様でできる趣味や出来事について書いていくブログ。そして、見てくれた人のお役に立てたらいいのになぁ。と、ひっそりと野望を添えて綴るブログ。

【スポンサーリンク】

自転車で福岡から東京まで行ったおはなし ~動機編~

どもども

 

googleフォトを見返していたら、2011年の夏に自転車旅をした写真が出てきたので、話題にしてみようと思います。

 

 

~ はじめに ~

2011年の8月30日に福岡県を出発し9月9日に東京都まで無事にたどり着く自転車旅をしてきました。

 

 

  

 写真達

 ざっとダイジェストでどうぞ(#^.^#)

福岡県

f:id:yuyacaravan:20190508143327j:plain

門司港レトロにて salewaのバックパックを添えて

 

山口県

f:id:yuyacaravan:20190508143738j:plain

山口県徳山駅にて 今は無きアサヒの看板

f:id:yuyacaravan:20190508143825j:plain

旅のお供のGIANT ESCAPE R3 リアキャリアにテントを載せて



f:id:yuyacaravan:20190508143936j:plain

天気に恵まれた 錦帯橋


 

広島県

f:id:yuyacaravan:20190508144015j:plain

この時は晴れていた厳島神社

f:id:yuyacaravan:20190508144048j:plain

雨が降ってきたぞ 原爆ドーム

 

岡山県

f:id:yuyacaravan:20190508144148j:plain

台風一過の岡山県

 

兵庫県

f:id:yuyacaravan:20190508144239j:plain

改修中だよ姫路城

 

京都府

f:id:yuyacaravan:20190508144302j:plain

夜になってしまった京都タワー

 

静岡県

f:id:yuyacaravan:20190508144345j:plain

一気に飛ばして全景が見えない残念な富士山

 

東京都

f:id:yuyacaravan:20190508144427j:plain

ついに到着!東京スカイツリー


こんな感じで行ってきました。2011年はまだ僕が大学で遊び惚けていたころです。

4回目の大学2年生をやっていたころですかね(笑)ばんざーい(/・ω・)/

ストレートで卒業した人は社会人です。(笑)

 

 

自転車旅の動機やよく聞かれること

 

なぜ東京か?

当時大学を3回留年中で4回目の大学2年生を満喫していた僕は進級に必要な単位を無事に取り終え、暇を持て余していました。そこで高校からの友人A(自転車旅の経験者)が東京で一人暮らしをしていたため。

 

なぜ自転車か?

その友人Aが自転車で福岡から鹿児島の国道3号線下りの旅をして感化された友人Bが僕を自転車で行こうとそそのかしたため。(当初ワタクシは全く乗り気ではなかったが友人Bの執拗な口説きに折れて、クロスバイクや備品を購入など自転車旅に火が付いたと同時に友人Bの火が無事鎮火、あえなく一人旅になりました)

 

期間はどれくらいかかったか?

台風で足止めを食らったけれど、11日で東京まで行けました。帰りは東京から門司港までフェリーで帰りました。そこからは自転車。

  

パンクはしなかったか?

1度だけしました。パンク修理キットを使って自分で修理しました。

 

どれくらいの距離なの?

 


距離的には大体1100km

上の図は車を利用した場合のルート(自転車ルートにできませんでした)。

実際の国道1,2,3号線は自動車専用道路や、「自転車や歩行者は危ないぞぉ~迂回したほうがいいぞぉ~」という雰囲気を醸し出している道路もあり迂回してこともあったため、距離は伸びると思います。

 

宿泊はどうしたの?

テントを持っていてキャンプ場で泊まって安く済ませるつもりが、国道1、2、3号線沿いなどにキャンプ場などは無く、使用したのは2日程度でした。

友人からは「何で自分でハンディキャップ(テント)背負いよるん?」と言われました。

その他は安いホテルをじゃらんで見つけて宿泊したり、ゲストハウスに泊まったり友人宅に泊まらせてもらいました。

 

着替えは?

ホテルで洗ったり、途中コインランドリーに立ち寄ったりで2,3日分の洋服を着まわしました。コーディネートなぞは考えません。そこにある服を着る。それは旅をしていない日常でも変わりません。夏で薄着なので量も少なかったのが良かった。

 

 ~ さいごに ~

友人や上司がワタクシを紹介してくれる際に話のネタとして自転車旅の話を振ってくれることがあります。その際聞かれることを書いてみました。

飲みの席などで自転車旅の話はネタになったりすることがよくあります。

やってよかったなぁと思う瞬間ですよね(笑)