しゅみがぼっちでぼっちがしゅみで

「趣味=ぼっちでもできること」といっても過言ではない。完全なぼっちになりきれない、ややぼっちな僕がだいたいお一人様でできる趣味や出来事について書いていくブログ。そして、見てくれた人のお役に立てたらいいのになぁ。と、ひっそりと野望を添えて綴るブログ。

【スポンサーリンク】

Kutoonという子ども靴のサブスクを使ってみたおはなし

Kutoon(クトゥーン)という子ども靴のサブスクを使ってみました。

子ども靴のサブスクです。無料トライアル期間があったので試しに加入してみました。

我が家の靴事情

我が家の子ども靴は西松屋、バースデイ、しまむら、ヒラキと家計の味方ともいえる靴を常用しています。

子どもにブランド靴を履かせたい気持ちはわかりますよ、現にウチの母親(子どもにとっては祖母)もそのような傾向があります。

子どもにブランド靴履かせても、水たまりに飛び込んだり、砂場で靴に砂入れて遊んだり、つま先を引きずって歩いたりで、気が気じゃないですよね。

ブランド靴にそんなことしても平気な人は大丈夫だと思いますが。

「その靴いくらしたと思ってんだぁ!」って叫んでしまいそう。

Kutoonに出会う、早速レンタル

ネットの波に乗っていると、靴のサブスクがあることを知りました。

しかも無料トライアル付き。しかも返却時にクリーニング不要。言ってしまえば汚し放題。最高かよ。と。

12~18cmの子ども靴を月々定額でレンタルできるサービス。

毎月交換でき、2,000足以上の中から好きな靴を選る。

ニューバランスとかナイキとかでマウント取ってやろうとか親バカの黒い部分が出てきそうになりましたよ。

Kutonnのサイトはこちら↓画像をクリック

早速登録して、レンタル。

レンタルしたのはこちら。VANS!

段ボールに来るだけじゃなくて、広告や返却時の紙や緩衝材もしっかり入っていましたよ。

ソールはこんな感じ

多少スレはあるもののキレイ!子どもも大喜びでした。

料金

気になる料金はこんな感じ。

自動継続課金で支払い用にクレジットカードの登録が必要です。

只今、全プラン30日間無料とのこと、無料で3足いける3足プラン一択じゃねぇか。1足プランだと・・・割高・・・。

メリット

・ジャストサイズ靴を処分することなく履ける

すぐに靴も洋服もサイズアウトしてしまう、つい最近まで履いてたのに・・・。なんてこともよくある。靴も処分せずに返送すればいいからカンタン。

・洗わずそのまま返却できるので自宅で子ども靴を洗わなくてよくなった

汚くなって洗っても、子どもはその靴が汚くなるほどお気に入り。まだ洗っている途中なのに履きたくって泣きじゃくる。2足3足プランなら、お気に入りの靴の予備を注文して保有しておける。汚くなったら返送でOK。

・普段買わないような靴も履かせてみることができる

メーカーによってサイズ感が違うなんて大人の靴も子どもの靴も一緒。試し履きして、サイズ感を見てみるっていう使い方も出来る。

いろんな靴を試して子どもにぴったりな靴を見つけることが出来る。

ちなみに僕は足の超幅広で、ナイキやプーマの靴は合いません。(余談)

・まだ履けるのに捨てたり、売ったりする手間やゴミを減らすことができる

履けなくなった靴は処分せずに返送して、必要としている誰かのところへ、Kutoonは地球にも優しい。

デメリット

・1足のみだと単価が高い。

1足プランだと月額¥2,100。1か月に1足¥2,100円の靴を買うことと同意。

2足3足だと単価が安くなる。

・人気の靴はレンタルされている可能性が高い

ナイキやアシックス、ニューバランスなどの人気のメーカーのコツは既にレンタルされていて、レンタル出来ないときがある。

まぁそれでも靴自体は多いので、ナイキ狙いなら別のナイキの靴がたくさんあります。

・名前が書けない

保育園や幼稚園は名前の記入が必須なんとところもあり、名前が書けないのはデメリット、名前シールで我慢しましょう。

・初回返却時に送料がかかる

私の場合、初回の返送時には送料がかかってしまう様子でした。

2回目の利用から、着払い用の伝票が同梱される仕組みのようです。

終わりに

靴のサブスク、斬新ですよね。自動更新なので靴の返却期限もありません。

人気になってくると、レンタル可能な靴の取り合いになっていきそうです。

子どもと一緒に靴を選んでいる時間が非常に楽しかったです。

こうやってお洒落になっていくのね。と成長を感じました。

今なら無料トライアル期間もありますので、気になった方は下の画像をクリックして、お気に入りの靴を探してみてはいかがでしょうか。

Kutoonのサイト↓画像をクリック